ホームセンターな毎日

このページはホームセンター勤務でDIYアドバイザーの管理人が感じた、ホームセンターならではの商品や、気になる商品を紹介するブログです。
Sponsored Links
楽天市場
ブログランキング
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
PROFILE
LINKS
紹介
 

SEARCH
<< パソコンの購入 | main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 <% if:page_name eq 'article' -%> <% /if -%>
楽天で探す
楽天市場
| スポンサードリンク | - | - | - |
マキタ ジョイントカッターPJ7000
ビスケットジョイントカッターは、木工作で板を結合させる道具のことで、ダボ継ぎなどと比べるとはるかに簡単で正確な板継ぎが出来る電動工具です。

マキタジョイントカッターPJ7000

私の場合、板継ぎには長い間「木ダボ」を使っていましたが、穴位置の僅かなズレでその後の修正作業に泣かされた思いがありましたので今回「マキタジョイントカッターPJ7000」を購入。格段に作業性が良く、正確な作業が出来ました。

何年か前に使っていた「Vermont Americanのビスケットジョイントカッター」というトリマーに着ける器具では横移動をしてビスケットの大きさに合わせる必要がありましたが、このマキタのジョイントカッターでは、深さを変えるだけでビスケットの大きさに合わせることが出来るのでとても便利です。

使い方は、まず接合する場所にマーキングします。(センターのラインになります。)

センターライン

そして材料をクランプで固定します。

クランプで固定

板厚に合わせて、ダイヤルを調整します。板厚が40个両豺隋20个帽腓錣擦襪40个涼羶瓦帽造掘れます。

板厚を調節

ビスケットの大きさに合わせてダイヤルを調整します。(この場合#20に合わせている)

ビスケットの大きさに合わせる

センターラインに本体の赤いラインを合わせ手元の電源を入れ、回転数が上がったらゆっくり本体を押して溝を掘ります。

本体を押す

溝が出来上がった状態です。

溝完成

木工ボンドを溝に流し込みビスケットを装着します。

ビスケットを入れる

接合する面に適量の木工ボンドを塗布して接合する木材を合わせます。

接着剤を着ける

木工ボンドが乾くまでクランプなどで固定します。

クランプで固定する

ビスケットは、圧縮したブナのチップなので、接着剤を吸収して元の大きさに膨張するように作られていますので、硬化して初めてその効果が発揮できます。ボンドが乾くまでは必ず固定することが重要です。

今回私が「マキタジョイントカッターPJ7000」を使用した感想としては、センターラインを確認できるような作りが各所に施されていることと、刃物の調節が簡単なので、実に安全に作業ができる電動工具であると言えます。

今まで苦労してダボ継ぎをしていたことが何と無駄な時間だったのかと思い知らされました。


楽天市場で比較する⇒「マキタジョイントカッターPJ7000」

国内でジョイントカッターはマキタですが、海外ではスイスのラメロ社が有名で、価格が10万円以上と高いため素人には手が出ませんでした。他にも数社あるようですが、メンテナンスとビスケットの追加などを考えると国産のマキタが無難ですかね?

マキタジョイントカッターPJ7000マキタ電動工具 ジョイントカッター PJ7000(3901後継品)
 <% if:page_name eq 'article' -%> <% /if -%>
楽天で探す
楽天市場
| kiki | 電動工具 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
 <% if:page_name eq 'article' -%> <% /if -%>
楽天で探す
楽天市場
| スポンサードリンク | - | - | - |









url: http://kiki-ta.jugem.jp/trackback/557